コルクマットは正しい掃除で快適に使いこなそう

掃除

クッション性に優れて耐水性にも優れているコルクマットは子育て世代や足や腰に悩みを抱えている人に人気のジョイントマットです。毎日敷いて使っていると、気になるのが掃除方法。カーペットやフローリングと同じ方法では十分な掃除方法とは言えません。ここではコルクマットを清潔にできる掃除の方法をご紹介します。

普段の掃除には掃除機

普段の掃除にはフローリングと同様の掃除機をかける掃除が有効です。拭き掃除や掃き掃除の場合、左右に拭いたり掃いたりした時に、ジョイントにごみが挟まってしまうことがあります。ジョイント部分に挟まったごみ、ほこりは掃き掃除や拭き掃除では取り除くことができません。掃除機で吸うことで表面のごみやほこりのほか、ジョイント部分に挟まったごみもある程度吸うことができるので普段の掃除では掃除機を利用すると良いでしょう。

コロコロは粘着に注意

カーペットの糸くずや髪の毛などを簡単に取り除く時にコロコロと粘着部分に貼り付けるコロコロクリーナー。粘着力の強いものを使うと、離れなくなり、コルクが傷んだり、剥がれたりすることも。中には粘着が弱く、フローリングでも使えるものもありますが、コルクマットの種類によっては剥がれやすいものもあるので、おすすめはできません。

フロアワイパーは滑らないので使えない

手軽にフローリングができるフロアワイパーもコルクマットでは使えません。フローリングでは滑らせてスイスイお掃除が進みますが、コルクマットの上では滑らないので掃除も進みません。コルクマットとの相性はあまりよくない掃除道具となります。

雑巾で拭き掃除

コルクマットの上で飲み物をこぼしてしまった場合、カーペットのようなファブリック製品の場合は染み込んでしまうので慌ててしまいますが、コルクマットは防水性に優れているので拭き取るだけでもきれいになります。ただ完全防水ではないのでそのままにしておかずに拭き取ることは忘れずに。また、ごしごしこすると、コルクがぼろぼろ取れてしまうので、拭き取る時は上から抑えるようにおこないましょう。

ひどい汚れには水洗いを

汚れがひどかったり、においが気になったりする時には、水洗いもできます。その際もたわしでごしごしとこすらずに手で優しく洗ってくださいね。干す時には陰干しでしっかり乾かしましょう。 水分が残っているとカビやシミの原因になってしまいます。直射日光に当てると乾いた時に反ってしまう可能性があるので時間がかかっても陰干しをおすすめします。 水洗いはできても洗濯機で洗うことはできません。手間がかかっても手で優しくあらいましょう。

メラニンスポンジはNG

水垢や茶しぶなど洗剤でも落ちない汚れをメラニンスポンジでこするときれいになりますよね。メラニンスポンジはメラニン樹脂をスポンジ状に発砲させたもので、削り落として汚れを落としているので、コルクマットでは使えません。使用すると、汚れだけでなく、コルクも一緒に削れてしまいますので使わないようにしましょう。

クエン酸は有効的

洗剤などを使わずに口に入れても害のない成分で掃除をするナチュラルクリーニング。赤ちゃんやペットがいる家庭で匂いが気になる場合にクエン酸水をスプレーすることで効果を発揮します。洗剤と違い、口にしても害がないので安心です。

重曹は変色の原因に

ナチュラルクリーニングでクエン酸と並んで有名なのが重曹水。クエン酸は酸性なのに対して重曹は弱アルカリ性。皮脂汚れを落としてくれるので使いたくなるのですが、コルクはコルク樫が原料の木質系。弱アルカリ性の重曹を使うと、変色をしてしまうので使わないようにしましょう。

コルクマットの掃除の仕方

細かくご紹介してきましたが、コルクマットの掃除の方法をまとめると
*コルクマットの普段の掃除には掃除機をかける
*赤ちゃんやペットの匂いが気になる場合には洗剤ではなくクエン酸水を用いると安心
*飲み物をこぼした場合には吸い取るように拭き取る
*匂いにはクエン酸スプレーを吹きかける
*汚れが気になる場合は水洗いをし、陰干しをする
上記の方法でコルクマットを掃除すると清潔に使い続けられますよ。

汚れが取れなければパーツを交換

きれいに掃除をして使っていても毎日使っているので汚れてしまうもの。コルクマットの汚れた部分を新調するのもひとつの方法。
匂いや汚れが気になるパーツがあったら、そのパーツだけ新しいものに交換するのもいいですね。カーペットの場合、すべてを交換するか汚れを我慢して使わなければいけませんが、ジョイント式のコルクマットなら汚れが気になる部分だけをこうかんすればいいので簡単にリーズナブルにきれいにできるメリットがあります。

適切な掃除方法でいつまでも清潔に

コルクマットは家の中の足元を快適にしてくれますが、お手入れを間違えると劣化が進んだり汚れが十分に取れなかったりすることも。コルクマットを適切な掃除で長い間、清潔に使ってくださいね。