自宅の床が硬かったり、冷えたりするので困っている人もいるかと思います。そんなお悩みを解消してくれるのがコルクマット。「カーペットとは違うの?」「使ったことがないからコルクマットについて詳しく知りたい」という方、購入を検討している方など、コルクマットに興味がある方はぜひ参考にしてくださいね。

コルクマットとは?

赤ちゃんやペットをやさしく受け止めます

コルクマットとは、ワインの栓やコースターなどに使われている「コルク」が使われたジョイントマットです。カーペットは1枚を部屋に広げて使用するのに対し、コルクマットはジョイントタイプなのでコンパクトに待ち運べて便利です。その他にもさまざまな嬉しい特徴があるので詳しくご紹介していきます。

コルクマットの特徴

防水効果が高く簡単お手入れ

このマットに使われているコルクは天然素材。コルクガシという樹皮を剥離、加工してできています。2000年以上前から樽などにも使われる、昔から人間の生活にはなくてはならない素材でした。コルクは軽量で、弾力性があり、防音性、保湿性にも優れているので、マットとしても嬉しい機能を持ち合わせています。コルク素材の下にはクッション素材が貼られているので小さなお子さんやご年配の人までさまざまな人が快適に使えるマットです。

コルクマットのメリット

ここからはコルクマットのメリットをご紹介します。マットとして嬉しいポイントがたくさんありますよ。

  • 独特の素材感がおしゃれ
  • 天然素材のコルクマットは優しい雰囲気と独特の色合いがおしゃれに演出してくれます。また、部屋にあるインテリアや家具の邪魔をしないのもメリット。さりげなく部屋の雰囲気に溶け込むことで違和感なく使い始められるでしょう。

  • 防音性が高い
  • コルクとクッション素材が振動や音を吸収してくれるので生活音が小さくなる効果があります。子供は走り回ったりジャンプしたり家の中でも元気いっぱい。さらに、物を落としたり倒したりと予期せぬ生活音は意外と大きいですが、そんな音や衝撃をコルクマットには抑える効果も。アパートやマンションでは下の階の人のことも気になりますよね。そんな時にコルクマットを敷くことで騒音を抑えてくれるので安心です。

  • お手入れが簡単
  • コルクはワインの栓やコースターに使われているほどの素材ですので、耐水性に優れています。誤って飲み物をこぼしたり汚れがついていたりしても拭き取ることができます。また、汚れが取れない場合は、その部分だけとりはずして新しいマットに交換することができるメリットも。カーペットの場合はすべてを交換するか汚れを気にしながら使い続ける方法しかないので、部分的に交換ができるのは衛生的・金銭的にも嬉しいですよね。

  • 持ち運びや設置が簡単
  • カーペットの場合、大きな1枚を持ち運ぶのは大変ですよね。布製なので重さもあります。コルクマットは、1つのパーツが一辺30㎝~45㎝のものが多いので持ち運びが楽で、量が多い場合、分けて運ぶこともできます。設置する時も扱いが簡単で、大きなパズルをはめ込むように楽しく設置できますよ。力がない女性でも簡単に持ち運べて、設置も全て一人でできるので、一人暮らしにも便利ですね。

  • カットも簡単にできる
  • 部屋の中心にラグのように配置する場合はそのままでいいですが、壁に沿って隙間なく敷き詰めたい場合、柱や大型家具があると困りますよね。カーペットにもカットできるものはありますが、大きなカーペットをカットするのは意外と難しいものです。コルクマットはパーツが小さいので持ち上げて簡単にカットできますよ。カッターで定規などを用いてカットすればきれいにカットでき、部屋のレイアウトにぴったり合わせることができますよ。布製でありがちなほつれなども発生せず切り口はきれいなままなのも嬉しいですね。

  • サイドパーツがあれば見た目にきれい
  • 種類によってはジョイントパーツの他に隅に付けられるサイドパーツも販売しています。サイドパーツがあることで隅の凹凸をなくし見た目にきれいな状態にできます。凹凸の部分は劣化しやすく、ペットや小さなお子さんがいじってしまうことも。耐久性と安全性を考えるとジョイントパーツを使用することをおすすめします。サイドパーツが傾斜になっているものなら床とコルクマットとの段差を抑える効果もあり、お子さんやご年配のいるご家庭には安心です。

  • オールシーズン快適
  • ラグやカーペットの場合、夏はサラサラ感や冷感素材のもの、冬はあったか素材と使い分けているご家庭もあります。コルクマットは優れた断熱効果を持っているので夏はさらさらの肌触り、冬はフローリングの冷気をシャットアウトしてくれます。特に、足元に溜まりやすい冷気は冷え性の方や赤ちゃんには悩みの種となりますが、コルクマットを敷くことで過ごしやすい環境を作り出せることでしょう。

やさしいコルクマットの魅力と特徴を徹底解説!

『やさしいコルクマット』は、コルクマットが気になるビギナーから、張替えを検討している、使い慣れた人まで多くの人におすすめのコルクマットです。

『やさしいコルクマット』がなぜおすすめできるのか。ここでは『やさしいコルクマット』の優れた特徴をいくつかご紹介していきます。コルクマットに興味がある人はぜひ参考にしてくださいね。

  • やさしい素材
  • 『やさしいコルクマット』はコルクとクッション性に優れたEVA素材を使用。コルクマットの中にはEVA素材ではなくPE素材が使われている場合もありますが、PE素材に比べると柔軟性・弾力性が優れているため、よりフローリングに敷き詰めることで床の硬さを和らげ、物を誤って落としてしまっても衝撃を吸収し音の軽減、フローリングの傷などを防ぐ効果も。

    赤ちゃんのいる家庭では、ハイハイ、つかまり立ちなど成長の段階に伴い転倒などの心配も増えてきます。そんな時に『やさしいコルクマット』を床に敷いておくことで赤ちゃんをケガから守ってくれますよ。 猫や犬などのペットを飼っている家庭では、フローリングを爪によるひっかき傷などから守ります。さらに足の踏ん張りも利くことから高い所からジャンプをして滑ることによる骨折なども防げます。 赤ちゃんやペットだけでなく年配の方や大人にとっても足元をやさしく労わってくれる心強い床材です。

  • 防音・防水効果
  • フローリングは固い素材なため、カトラリーやおもちゃなど誤って床に落としてしまうほか、足音などの衝撃音が響きます。 足音は大人なら気を使って静かにすることはできますが子供には言い聞かせても難しいですよね。また、物を落としてしまうのはやはり誰でも引き起こしてしまいがちです。衝撃音はその部屋だけでなく集合住宅であれば階下にも響いてしまい、住宅トラブルのなかでも比較的大きな問題になることも。

    『やさしいコルクマット』は防音効果に優れているため、フローリングの上に敷き詰めるだけで優れた効果を発揮します。また、コルクの特性として、撥水性にも優れていることが挙げられます。水などこぼしてしまってもさっと拭き取れば布のように染み込まずにそのまま使い続けられ、汚れが気になる場合はその部分だけ取り外して水洗いもできるため、簡単に衛生的な使い方が可能です。

  • 一年中快適
  • フローリングの床は暑い時期には比較的ひんやりとして過ごしやすいですが、冬場は底冷えするため、足元の冷たさが我慢できないほどにもなります。冷え性の人には特に足先の冷たさはつらいものですよね。 『やさしいコルクマット』には空気が多く含まれているため、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。クッション性があるため、夏の暑い時期、そのまま床にゴロゴロしても体が痛くなりにくく、カーペットを敷くよりも快適に過ごせます。

    冬は床下からの冷えを遮断してくれるため、足の冷えを軽減してくれます。暖房器具を効率的に効かせることができるため、快適なだけでなく電気代を減らすことにも積ながりエコにもなりますよ。 『やさしいコルクマット』は、季節ごとに張り替える手間なく、オールシーズン快適に使える万能床材と言えるでしょう。

  • ダニが発生しにくい
  • 『やさしいコルクマット』に使われているコルク素材は、天然の抗菌素材が含まれているためダニの繁殖を抑える効果があります。床に敷く床材ですから、赤ちゃんや子供はより近くに触れるものなのでダニなどのアレルゲンは近づけたくないですよね。 カーペットは毛の間にダニの栄養となる、食べかすやホコリ、フケなどをためやすくダニの温床となりやすい環境が整ってしまいます。アレルギーが気になる人や、アレルギーのある家族がいるなら『やさしいコルクマット』は安心感が高くおすすめです。

  • 敷き詰める作業が簡単
  • コルクとEVA素材は、どちらも柔軟性があるため、ジョイントの着脱が簡単で、パズルをはめ込むような感覚で敷き詰められます。 『やさしいコルクマット』は部屋のサイズや形状によって適切なサイズを選べるように一辺45㎝と30㎝で出来ている四角形の2種類がラインナップされています。

    広いリビングに敷き詰めるなら繋ぎ目が少ない45㎝、狭い場所や複雑な形状の部屋なら30㎝タイプを選ぶと扱いやすいでしょう。 部屋とコルクマットのサイズがちょうど合っていなくても大丈夫。むしろ、ちょうど合うことの方が少ないですよね。合わない時には床に合わせて簡単にカットして使えますよ。そのため、オーダーしたかのようにぴったり合わせられ、カットした面は布のようにほどけたり、毛羽立ったりすることもないのできれいな状態を保てるのもメリットになりますね。

  • 安全性に優れている
  • コルクマットを床に敷くということは毎日多くの時間を同じ空間で過ごすことになります。 そのため、なるべく安全性の高いものを取り入れたいと願う人がほとんどだと思います。 『やさしいコルクマット』はSGS検査基準にクリアした床材です。SGSとはスイスの世界トップクラスの検査を行う企業で、その検査をクリアしていることで安全性に優れることが分かります。

    さらに日本の検査機関でも測定をし、有害物質が検出されていないため、安心して生活の中で使用できることが立証されています。 コルクマットに合わせて使われているEVA素材は焼却の際、ダイオキシンが発生しないため、環境にも配慮されている素材と言えます。コルクマットの中には安全性が明記されていない商品もあるため、不安が残りますが、『やさしいコルクマット』は複数の検査機関で検査をし、安全が証明されているので、安心して取り入れることができますね。

やさしいコルクマットのメリット

ここからは『やさしいコルクマット』の使いやすいメリットを2つご紹介します。

  • サイドパーツがある
  • コルクマットは辺にある凹凸により組み合わせてズレずに使うことができるのですが、組み合わせ終わった時に端の凹凸が気になる人も多いと思います。 『やさしいコルクマット』には端の凹凸を平らにするための専用サイドパーツが用意されています。そのパーツを使えば凹凸がなくなるため、見た目にきれいなだけでなく、溝にゴミや汚れた溜まりにくく衛生的に使えるメリットも。 子供が気にして凹凸を触ってちぎれたり、劣化させたりといったことも防げ、長くきれいな状態で使えるため、ぜひ本体と一緒に使っていただきたいですね。

  • サイズと厚さの異なる2種類がラインナップ
  • やさしいコルクマットには一辺が30cmと45cmの四角形、2種類がラインナップされていると先ほどもご紹介しました。30㎝は厚さ8mm、45㎝は厚さ11mmと厚さも異なります。 厚みが出るほど丈夫になり、防音効果も高まります。マンションなどで階下への音が気になる場合や、長く快適に使い続けたいと考えている場合に厚さのある幅45㎝が適しているでしょう。

    ただ、ひとつ気を付けてほしい点が、扉やクローゼットの開閉時の床との高さです。扉やクローゼットの扉がコルクマットに当たってしまうと開閉がスムーズにできなくなり、コルクマットも劣化してしまいます。 購入前には床から扉の高さをしっかり確認しておくと購入後に「使えなかった」といったトラブルがなく快適に使えるでしょう。

やさしいコルクマットが向いている人

やさしいコルクマットは多くの人の暮らしを快適にしてくれますが、特に小さなお子さんのいる家庭や、ペットを飼っている環境で使うことで周囲への配慮と、部屋の劣化の防止、ケガを防ぐなどの効果が得られるため、利用するかしないかで負担の具合がだいぶ変わるでしょう。 例えば小さなお子さんがフローリングでしょっちゅう転倒する時期なら、一瞬でも目を離せられませんが、コルクマットを敷いているだけで気持ちの余裕ができるでしょう。

ペットや子供がドタバタ走り回ると階下への衝撃が気になり気が気ではありませんが、室内で走り回らないしつけと共に、コルクマットを敷くことで、音を軽減しその結果トラブルを回避できるかもしれません。 冷え性の人なら冬の嫌なキーンとした冷たさから守ることが出来るため、毎日の暮らしを少し便利に、安心して過ごすことができるようになる、まさに人にやさしいコルクマットなのです。

やさしいコルクマットは暮らしを快適にする床材

ここでは『やさしいコルクマット』の特徴やメリットなどを詳しくご紹介しました。 やさしいコルクマットで、ぜひ、毎日の暮らしを手軽に過ごしやすい快適な環境に変えてみませんか?

コルクマットは多くの人におすすめのマット

お客さまの声

コルクマットは耐水性、柔軟性、断熱性などの特徴を持つ多くの人に快適な生活を与えてくれる機能性の高いマット。さらに収納場所に困らず持ち運びも簡単と言ったメリットもあり、人気があります。さまざまなメーカーから多くの商品が販売されているのでどの商品を選べばよいか迷いがちです。

選ぶ際は、コルクマットを使用する期間、使う広さ、環境などを考慮することがポイント。最適なコルクマットを選ぶことで充実した時間を送ることができます。ぜひ、個々にあったコルクマットを探してみてくださいね。

当店のご利用案内(ご購入前にお読みください)

支払い方法について

クレジットカード

使用可能クレジットカード一覧

上記のクレジットカードをご利用いただけます。クレジットカードでのお支払いをご希望の場合、「支払い方法の指定」画面で「クレジットカード」をお選びください。 支払い方法設定画面にて、クレジットカード情報を入力し、注文確定時に与信処理を行います。

セキュリティペイメント

セキュリティに配慮し ベリトランス社の決済システムを利用しています。

Amazon Pay

アマゾンペイ

Amazonアカウントに登録している住所情報とクレジットカードで決済が行えます。住所入力、クレジットカード番号の入力は不要です。Amazonポイント、Amazonギフト券はご利用いただけません。分割払いはできません。一括払いのみご利用いただけます。購入確定時に会員登録していただくと、マイページより購入履歴と配送状況をご確認いただけます。クレジットカード会社が発行するご利用明細書をもって、領収書に代えさせていただきます。

Amazon Payのお支払い方法について
  1. Amazon アカウントでサインインする
  2. 「Amazonアカウントでお支払い」ボタンを押して開いた画面で、Amazonに登録しているメールアドレスとパスワードを入力して「サインイン」してしてください。続けてAmazonに登録している情報を当店と連携するために「OK」を押してしてください。

    アマゾンアカウントサインイン方法
  3. お届け先住所とお支払方法を指定する
  4. Amazonに登録している住所録とクレジットカードの中から選択してください。選択された住所に、お間違いが無いか必ずご確認ください。

    お届け先住所と支払方法
  5. 注文を確定する
  6. 注文内容をご確認のうえ、「注文を確定する」ボタンを押してください。

代金引換

代金引換による支払いをご希望の場合、「支払い方法の指定」画面で「代金引換払い」をお選びください。 商品の受け取り時に、「商品代金+送料+代引手数料」を配送会社の配達員にお支払いください。 下記の表に基づき、配送毎に代引き手数料がかかります。
※一部商品では代金引換決済がご利用いただけません。

代引金額(税込) 代引手数料
1万円まで 324円
3万円まで 432円
10万円まで 648円
30万円まで 1,080円
50万円まで 2,160円
100万円まで 3,240円
100万円を超える場合 4,320円

領収書について

お支払い方法により異なりますので、下記をご確認ください。

クレジットカード(※Amazon Pay利用含む)
お客様ご契約のクレジットカード会社が発行するご利用明細書をもって、領収書に代えさせていただきます。

代金引換
商品代金お支払い時に佐川急便ドライバーがお渡しする領収書をご利用ください。

弊社発行の領収書をご希望の場合
注文時に会員登録をすると、注文後にマイページより領収書を印刷することができます。※宛名を変更したい場合にはマイページの「お客様情報変更」より変更してください。※会員登録をせずに注文をされた場合、注文確認メールへの返信にてご連絡ください。

配送について

配送料について

配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。ご注文商品代金8,000円以上、および送料無料商品を含む場合は、株式会社もしもが送料を負担いたします。

ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。

別途送料地域一覧

配送業者について

商品の配送は、佐川急便に委託しております。一部の直送商品につきましてはヤマト運輸等、他の配送業者がお届けする場合がございます。

商品は「株式会社もしも」名義でのお届けとなります。一部の直送商品につきましては、「株式会社もしも」名義ではなく、卸業者名、メーカー名になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

配送業者の都合上、お届けができない地域がございます。その際はご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください

※ただいま海外への出荷は承っておりません。

出荷目安について

出荷目安はご注文から出荷手配が完了するまでの期間となります。こちらは、土日祝日や年末年始、お盆休みを含まない営業日で計算しております。

在庫状況等により出荷が遅れる場合や商品のご用意が出来ない場合がございます。予めご了承ください。

※出荷目安が「即日出荷」の商品は、平日・土曜日の14:00までの注文分を当日中に出荷いたします。日曜・祝日・年末年始・お盆の場合は翌営業日に出荷いたします。